“C” Vol.3 -HANABI by TAKKIN-

2014年4月ギャラリースペースにて開催された写真展「NEIGHBOR WOODS」

でもお馴染み写真家「山田博行」氏の手掛けるブランケット版(タブロイドの倍)大型写真誌『C』のvol.3がやってまいりました。

毎号一人の写真家をフォーカスし、作品を紹介している写真誌

 

題名以外の文字情報はほとんど無く、一人一人が(作品から)自由に感じ取っていただけるのも『C』の魅力ではないでしょうか。

まるで美術館で作品を鑑賞しているようなアートプロジェクトです。

 

是非お手に取ってご覧下さいませ。

 

 

 

『C』 Vol.3  HANABI  by  TAKKIN

1949年生まれ 写真家

TAKKIN(タッキン)ことタキザワヨシユキは、日本の伝統的な尺玉花火の美しさに魅せられ、 1968年よりPL(大阪)、土浦(茨城)、大曲(秋田)、長岡(新潟)をはじめ、全国各地の花火大会を撮り続けてきた。空中で巨大エネルギーが解放され炸裂する閃光の瞬きと軌跡、そして目撃者の心に直接響く感情との融合、それらを長焦点レンズでキャプチャーする独特なアプローチにより、彼の確固たる花火に対する美意識の哲学を集積している。そしてそれは、繊細な花火職人の手作業で作り出される尺玉と、それを魂をこめて打ち上げる職人たちの祈りにも似たパワー、そのものとも言えるだろう。TAKKINの一貫したスタイルで30年間ものあいだ撮り下ろされた、膨大な独創的作品群をみることで我々が再思考するのは、宇宙のはじまりや我々の起源の記憶にノックするような言葉を超えた光の奇跡のドキュメンタリー表現であるのかもしれない。

 

 

11698672_853376514740419_1655698295006696447_n  11696018_853377304740340_110822550269247522_n

_______________________________________________________________________

-Solero -back alley cafe & gallery-

<営業時間>

12:00-24:00

Lunch 12:00-15:00

Dinner 18:00-24:00

Holiday  “Tuesday”

<アクセス>

新潟市中央区古町通5-598

TEL/FAX:025-378-4044

info@solero.jp

Solero on Facebook