脇用脱毛クリームの選び方!使い方のコツから注意点まで

脇のムダ毛にまつわる悩みがあるという女性は多いのではないでしょうか。

薄着の季節は肌の露出が多くなるため、脇のムダ毛処理はエチケットとして必要不可欠です。

そこで役立つのが脇用の除毛クリームです。

脇用除毛クリームは様々なメーカーから色々なタイプのものが市販されていますので、それぞれを徹底的に比較して最適なものを選びましょう。

最適なクリーム選びが効果的かつ効率的なムダ毛処理の実現につながります。

選び方や使い方のコツや注意点をきちんと押さえ、悩みの無いツルツルでスベスベな脇に導きましょう。

脇のムダ毛処理ならカミソリと除毛クリームどっちが良い?

セルフによる脇のムダ毛処理の方法には様々なものがありますが、代表的なものと言えばカミソリと除毛クリームです。

カミソリと除毛クリームのどちらが良いのかについてですが、肌への負担の少なさや手軽さの観点からすれば除毛クリームに軍配が上がるでしょう。

カミソリによるムダ毛処理にはあらゆるリスクやトラブルがつきまといます。

  • 摩擦が生じてメラノサイトから生成されたメラニンが色素沈着を引き起こし黒ずみが生じる
  • カミソリの刃を横にスライドさせてしまうと出血が生じたり傷が出来たりする
  • 処理後に新たに生えて来るムダ毛のチクチク感が気になってしまう
  • カミソリ負けで赤みや痛みやヒリヒリ感や乾燥が生じるなど

がそれにあたります。

肌トラブルが起きているのにカミソリによるムダ毛処理を続けていると、どんどん肌が汚くなってしまいます。

脇をキレイに見せるために行っているムダ毛処理のせいで肌トラブルが生じて肌が汚くなってしまえば元も子もありませんので、なるべく早めに除毛クリームによるムダ毛処理にシフトするのがベストな方法です。

除毛クリームで肌への負担が少ないムダ毛処理を実現させましょう。

脇用除毛クリームの選び方!

①肌質別におさえておきたい成分

脇の除毛クリーム選びにおいて見極めるべきポイントはたくさんありますが、配合されている成分もその一つです。

自分の肌質に合った成分が配合されているクリームを選ぶことが、悩みやトラブルの無い美肌への近道となります。

成分をチェックする前に、まずは自分の肌質を特定しておく必要があります。

肌質の種類としては、乾燥肌や敏感肌や混合肌や脂性肌などがありますので、自分がどの肌質に当てはまるのかをきちんと特定しておきましょう。

乾燥肌や混合肌の人に適しているクリームは、コラーゲンやヒアルロン酸やセラミドやエラスチンやプラセンタなどの保湿成分がたっぷりと配合されているものです。

刺激を受けやすい敏感肌の人やニキビが出来やすい脂性肌の人は、グリチルリチン酸などの肌の炎症を抑える薬用成分が配合されているクリームを選びましょう。

一昔前までは除毛クリームというとムダ毛を溶かす有効成分のみが配合されているものが主流でしたが、今はメーカーの研究開発が進み美肌成分配合の機能的な除毛クリームがたくさん市販されるようになり、悩みや肌質別に選べるようになりました。

自分の肌質に合った成分が配合されているクリームを選ぶことで、ムダ毛処理とスキンケアを両立させて美肌に導くことが出来ます。

②脇用ってどんなクリームを選べばよい?他の部位と併用でも可?

除毛クリームはそれぞれ配合されている成分や効果効能や特徴やコンセプトが異なりますので、脇のムダ毛処理を目的としている場合はそれに適したクリームを選ぶ必要があります。

脇用の除毛クリームとして適しているのは、太くて硬い剛毛なムダ毛に対する効果が高いものです。

脇は比較的太くて硬くて色素が濃いムダ毛が密集して生えている部位ですので、産毛用の除毛クリームなどは不向きです。

剛毛にも効果を発揮するという旨の記載がなされているクリームを選ぶようにしましょう。

脇用と記載されているクリームを選べば間違いありません。

薄着の季節はムダ毛処理を行う頻度も多くなりますので、使いやすいチューブタイプの容器に入っているものを選ぶのが良いでしょう。

物理的な負担が軽減されてスムーズなムダ毛処理の実現につながります。脇以外の他の部位との併用が可能かどうかについてですが、基本的には併用可能です。

しかし、顔やVIOラインなどのデリケートな部位のムダ毛処理を行う際は要注意です。

肌トラブルのリスクを低減させるためにも、デリケートな部位の除毛をする場合は、低刺激で肌に優しいタイプのものを選ぶようにしましょう。

脇用除毛クリームの効果を最大限に引き出す使い方のコツ

除毛クリームの効果を最大限に引き出して効果的で効率的な脇のムダ毛処理を実現させるためには、使い方のコツをマスターすることも大事です。

使い方のコツとしては、量をケチらずに毛穴がしっかりと隠れるくらいにたっぷりとクリームを塗る、除毛後は保湿ケアをしっかりと行うなどがあります。

除毛クリームは塗ってからしばらく放置し、その後クリームとムダ毛をオフしますが、塗ってからオフするまでの時間は決められています。

放置する時間が短すぎると効果が半減してしまいますし、放置する時間が長過ぎると肌に負担がかかってしまいますので、決められた時間をきちんと守ることが大前提です。

クリームは丁寧に塗り、毛穴にしっかりと浸透させましょう。

毛根にクリームを入り込ませるような感覚で塗るのがポイントです。

塗っている最中にクリームを広げ過ぎて肌やムダ毛や毛穴が露出してしまった際は、クリームを追加してムダ毛と毛穴がしっかりと隠れる状態にする必要があります。

クリームを塗って放置している際に痛みやヒリヒリ感を感じた場合は、すぐに洗い流しましょう。

脇に除毛クリームを使うときの注意点!痛みや肌荒れをなくすためには?

除毛クリームで脇のムダ毛処理をする際の注意点についてですが、肌荒れや傷や皮膚疾患の症状がある場合は使用を避ける、生理中の使用はなるべく控える、クリームを塗ったら放置し過ぎずに決められた時間内にオフするなどがあります。

肌に何らかの問題や異常がある場合の使用はNGです。症状が悪化してしまうリスクがあるからです。

生理中や生理前は女性ホルモンのエストロゲンの減少によりホルモンバランスが乱れやすくなっています。

ホルモンバランスの乱れで肌が敏感になりやすい人は、除毛クリームの成分により肌トラブルが起こりやすくなりますので、使用を控えるのが無難です。

除毛クリームの有効成分は、タンパク質を分解するチオグリコール酸カルシウムです。

タンパク質の分解作用によりムダ毛を溶かして除毛するというメカニズムです。

タンパク質を分解する作用があるということは、ムダ毛だけではなく肌にも少なからず影響があるということです。

クリームを塗ってからオフするまでの時間が長過ぎると、肌に悪影響が及ぶということも理解しておかなければなりません。

脇の除毛クリームにはどんな効果がある?抑毛効果アリ?

脇の除毛クリームの効果についてですが、有効成分のチオグリコール酸カルシウムによるムダ毛を溶かして除毛する効果だけではなく、抑毛効果も期待出来ます。

抑毛効果を得るためには、抑毛成分が配合されている除毛クリームを選ぶ必要があります。

具体的な成分についてですが、大豆イソフラボンやパイナップル酵素がそれにあたります。

除毛効果だけではなく抑毛効果も得たい場合は、これらの成分が配合されている除毛クリームを選んでムダ毛が生えにくい環境に導きながらムダ毛処理をしましょう。

大豆イソフラボンやパイナップル酵素が配合されている抑毛に特化したローションやクリームも市販されていますが、チオグリコール酸カルシウムと同時に大豆イソフラボンやパイナップル酵素も配合している除毛クリームを選べば、除毛と抑毛を両立させることが出来ます。

1ステップで2つの効果が得られるので効率的ですし、除毛クリームと抑毛ローションの2種類を購入する必要が無いので経済的でもあります。

使い続けるほどにムダ毛が生えて来るペースが遅くなり、お手入れも楽になります。

脇のムダ毛処理を脱毛クリームで行うメリットとデメリット

脇の除毛クリームを使ってムダ毛処理を行うことのメリットとしては、

  • カミソリ負けや乾燥や炎症や色素沈着による黒ずみなどの肌トラブルの心配が無い
  • カミソリの刃で肌を傷つけてしまったり流血させてしまったりするリスクが無く安全性が高い
  • クリームを塗ってオフするだけなので手軽
  • 除毛だけではなく抑毛の効果も期待出来るなど

があります。

メリットだらけの除毛クリームですが、メリットにはデメリットがつきものです。

デメリットをあげるとすれば、除毛クリームを購入し続けなければならないので経済的な負担と物理的な負担が生じるということでしょうか。

通販サイトの定期購入サービスを利用したりして、経済的な負担と物理的な負担を軽減させることでデメリットは解消させることが出来ます。

高品質で低価格なコストパフォーマンスの高い除毛クリームもありますので、選ぶ際には価格や容量や総合的なコストパフォーマンスなどにも着目して比較しましょう。

除毛クリームにはデメリットを凌駕するほどのメリットがたくさんありますので、積極的に取り入れてみる価値はあります。

脇のムダ毛の悩みは除毛クリームで解消

脇の除毛クリームの選び方や使い方や注意点についての理解を深めることが出来たのではないでしょうか。

  • カミソリで剃るという脇のムダ毛処理方法による肌トラブルに困っている
  • 剛毛で毛深いことにコンプレックスを感じている
  • スキンケアとムダ毛処理を両立させたいなど

の悩みや願望を持っている女性は、積極的に除毛クリームを取り入れてみましょう。