脇を保湿ケア化粧水で黒ずみから守る!手入れのコツをおさえてキレイ脇へ

脇の黒ずみの悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか。

放置してしまうとどんどん黒ずみが濃くなっていきますので、なるべく早めに対策を講じることが鍵となります。

対策を講じる前に、まずは脇の黒ずみの原因について理解しておく必要があります。

原因にきちんとアプローチすることが出来る対策を講じて、脇の黒ずみの悩みを根本から解消させましょう。

脇の黒ずみの原因

脇の黒ずみの原因には様々なものがあります。

  • カミソリで剃ったりワックスや毛抜きやテープで抜いたりする脇のムダ毛の自己処理
  • 締め付けの強い下着や洋服による摩擦や紫外線などによる肌ダメージ
  • 汗による菌の繁殖
  • 肌の乾燥など

その中でもとくに気をつけなければならないのが肌の乾燥です。

肌が乾燥する原因としては、

  • 加齢や栄養不足でコラーゲンやセラミドやヒアルロン酸やエラスチンが減少する
  • スキンケアが不十分
  • 紫外線や摩擦などの外側からのダメージ

などがあります。

脇は汗の分泌が多い箇所なので、肌が乾燥状態に陥っていることに気が付いていない場合も多いです。

乾燥からのターンオーバーの乱れは命取り

肌の乾燥が脇の黒ずみに結びつく理由は、角質のバリア機能の低下によるターンオーバーの乱れです。

ターンオーバーが乱れると肌細胞の再生もスムーズにいかなくなり、メラノサイトから生成されたメラニンが色素沈着を引き起こし、それが脇の黒ずみにつながるというメカニズムです。

乾燥が脇の黒ずみの大敵になるということをきちんと理解しておきましょう。

ターンオーバーの乱れや肌細胞の再生の遅れが生じると悪循環に陥り、黒ずみにアプローチしようとして美白ケアを行ってもその効果が半減してしまうという問題もつきまといますので、まずは肌の乾燥を改善させて角質のバリア機能を高めて肌環境を健やかな状態に導くことが大切です。

肌の乾燥には化粧水の保湿ケア

肌の乾燥を改善させるための具体的な対策方法についてですが、化粧水でたっぷりと潤いを与えて保湿ケアを徹底的に行うという方法がおすすめです。

脇の汗の分泌量が多いと肌が潤っているという錯覚に陥りがちですが、潤っていると感じるのは肌の表面だけです。

肌の内側は乾燥しインナードライ状態になっていることが多いですので、汗の分泌が多い夏場でもしっかりと保湿ケアをする必要があります。

保湿ケアの基本は化粧水ですので、潤いを積極的にチャージしていきましょう。

効果的で効率的な保湿ケアを実現させるためには、化粧水選びにもこだわることが大事です。

保湿ケアができる化粧水の選び方

保湿化粧水は色々なメーカーやブランドから種類豊富に市販されていますので、きちんと比較して選ぶことが大切です。

比較する際に確認すべきポイントとしては、

  • 配合されている成分の種類や含有量の多さや濃度の高さ
  • 浸透力や潤いキープ力の高さ
  • 肌馴染みの良さやテクスチャーや香りや使用感
  • 容器の種類や容量や価格や総合的なコストパフォーマンスの高さ
  • 販売しているメーカーやブランドの信頼度や信用度の高さや販売実績

などがあります。

口コミサイトやランキングサイトの情報も参考になりますので、チェックしてみましょう。

評価や人気、満足度、支持率の高さが一目瞭然です。

保湿力の高い化粧水を見極めるポイントとしてコラーゲンやエラスチンやヒアルロン酸やセラミドやプラセンタなどの保湿成分の含有量や濃度がありますが、製法にも着目する必要があります。

せっかく保湿成分がたっぷりと贅沢に配合されていても、それらを角質層の奥深くまで行き届かせることが出来なければ元も子もありませんので、ナノ化などの独自の製法を用いて浸透力や潤いキープ力を高める工夫がなされているかどうかも見極める際の重要なポイントとなります。

効果的に効率的に確実に潤いを届けることが乾燥肌の改善につながり、ひいては脇の黒ずみの改善に結びつきます。

アレルギーや敏感肌の方は成分にも注意

アレルギーがある場合や敏感肌の場合は、成分表示をきちんと確認しておく必要があります。

肌が弱い場合は、石油系界面活性剤や鉱物油や合成着色料や合成香料や紫外線吸収剤や防腐剤やパラベンやアルコールなどが不使用で、低刺激で肌に優しい無添加タイプの化粧水を選ぶのが安全で安心です。

敏感肌の人は普通肌の人に比べて乾燥しやすいという厄介な特徴があります。

外側からの刺激を受けやすく、その刺激が肌ダメージとなりコラーゲンを破壊してしまうからです。

ですので、敏感肌の人ほど積極的な保湿ケアをしなければなりません。肌の保護と保湿を両立させることが理想です。

手入れのコツは朝晩2回!

自分の肌質や肌の悩みや目的や理想にぴったり合った保湿化粧水を見つけることが出来たら、朝晩2回のお手入れをするのがベストです。

化粧水はケチらずにたっぷりと使用するのがおすすめです。

ハンドプレスで二度づけしたりコットンに含ませてパックをしたりすると、肌への浸透力が高まります。

スキンケアの仕上げにジェルやクリームや乳液を馴染ませると、化粧水でチャージした潤いを肌にしっかりと閉じ込めて蒸発するのを防ぐことが出来ます。

ベタベタ感が苦手な人は、軽い着け心地で肌馴染みが良いジェルを選ぶのが良いでしょう。

顔のスキンケアをするような感覚で脇のスキンケアも行うことが大切です。

徹底的な保湿ケアをして角質のバリア機能が高まればターンオーバーや肌細胞の再生リズムも正常化されて、メラニンの色素沈着が起こりにくい健やかな肌環境に導くことが出来ます。

肌環境が健やかな状態になったら、次のステップとして美白ケアを取り入れてさらに透明感をアップさせましょう。

乾燥した状態で美白ケアを行っても美白成分が作用しにくく思うような効果を実感することが出来ませんが、潤いに満ちたターンオーバーが活発な状態で美白ケアをすると実感力が高まります。

肌の乾燥が改善されれば自ずと脇の黒ずみも解消される

肌の乾燥が脇の黒ずみの原因になり、乾燥肌の改善が悩み解消につながるということを理解することが出来たのではないでしょうか。

対策を講じるのは早いに越したことはありません。

最適な化粧水で保湿ケアをしっかりと行って角質のバリア機能を向上させ、メラノサイトから生成されるメラニンが色素沈着を引き起こすのを徹底的に防ぎましょう。