脇の黒ずみ予防は化粧水と乳液をセットで!効果のある成分と選び方

春から夏にかけての季節は、暖かくなるにつれてだんだんと薄着になる季節でもあります。

「脇の見える露出の多い洋服を着たい」と思っている方も多いでしょう。

しかしそのような方々にとっての強敵が、脇の黒ずみです。

黒ずんだ脇を露出するわけにはいかないので、なんとかして脇の黒ずみを解消しなければなりません。

そこで今回は黒ずんだ脇を化粧水や乳液で改善できるのかを見ていきます。

そもそもなんで脇は黒ずむの?予防できないの?

脇が黒ずんでしまう原因の1つはメラニンの色素沈着です。

「メラニン色素が原因」とだけ聞くとメラニン色素に悪い印象を持ってしまいそうですが、実はメラニン色素は紫外線など外部からの肌への刺激に対して肌を守る働きをしてくれる、非常にありがたい色素です。

汗をかいた後に臭くならないようにと激しくこすって洗ったり、脇毛を無理やり抜く・ローションを使わずにカミソリで剃るなどの間違った脇毛処理を行ったりすると脇に強い刺激が与えられてしまい、脇を守るためにメラニン色素が多量に分泌されてしまいます。

本来ならばメラニン色素は時間とともに自然と排出されますが、多量に分泌されてしまうことでメラニン色素が排出されにくくなり、排出されずに肌の表面に残り続けることで次第に黒ずんでしまうのです。

メラニン色素のコントロールは簡単?

メラニン色素の沈着による脇の黒ずみは、日頃の習慣を見直すことで簡単に予防することができます。

つまり間違った脇毛処理の仕方を改めるということです。

脇毛をいちいち剃るのが面倒くさいので無理やり毛抜きで抜いているという方も多いと思いますが、毛抜きで抜くという方法は極めて危険なのですぐにやめましょう。

1本の毛を抜く時には、肌に信じられないような強い負荷がかかっています。

この負荷から肌を守るために大量にメラニン色素が排出されてしまうのです。

脇毛を処理する際には、専用ローションなどを使ってから丁寧にカミソリで剃るか、もしくは脱毛サロンに行くなどしてプロに任せましょう。

どんな美白化粧水が脇の黒ずみ解消に効果がある?

美白化粧水とは肌のメラニンを軽減する効果を持つ成分がたくさん含まれている化粧水です。

そのため美白化粧水を使用すれば、脇の黒ずみの原因となっているメラニンを軽減することができ、黒ずみも徐々に改善されていく可能性があります。

しかし美白化粧水にもたくさんの種類があってどれを選べば良いのかわからないという方も多いでしょう。

そのような方はこれから紹介する、脇の黒ずみ改善に効果があると考えられる成分を含む美白化粧水を選ぶようにしてください。

脇の黒ずみに効果的な成分って?

美白化粧水に含まれている成分には大きく2つの効果が期待されています。

1つ目はメラニンを排出する効果、2つ目はメラニンを軽減する効果です。

①メラニンを排出する効果をもつ成分

1つ目のメラニンを排出する効果が期待できる成分としては、

  • リノール酸
  • プラセンタエキス
  • ビタミンC誘導体など

が挙げられます。

②メラニンを軽減する効果をもつ成分

2つ目のメラニンを軽減する効果が期待できる成分は、

  • アルファブチン
  • ハイドロキノンなど

が代表的な成分になります。

これらの成分の名前を頭に入れておいて、化粧水を選ぶ際にメラニンを排出する効果が期待できる成分とメラニンを軽減する効果が期待できる成分の両方を含む美白化粧水を選べば、脇の黒ずみ解消の効果が期待できるでしょう。

化粧水だけではなく乳液も忘れずに!

美白化粧水をつけて満足してはいけません。

メラニン色素が排出されずに沈着してしまう大きな原因は肌の乾燥です。

肌が乾燥することで、ターンオーバーという肌の生まれ変わりが正常に行われなくなります。

ターンオーバーが正常に機能していれば、古い角質とともにメラニン色素も剥がれ落ちるはずなのですが、ターンオーバーが正常に機能しないことでメラニン色素も古い角質とともにいつまでも残り続けてしまうのです。

そこで脇の黒ずみの元凶であるメラニン色素を軽減したり、排出したりする効果を持つ美白化粧水を利用することに加えて、肌のターンオーバーを正常化させることができれば、脇の黒ずみに対してより強い効果を発揮できるということになります。

どのようにしたら肌のターンオーバーを正常化できるかということですが、肌の乾燥を防ぐことでターンオーバーを正常化させることができます。

美白化粧水には保湿効果が含まれていない

美白化粧水には残念なことに、保湿機能を持つ成分は含まれていません。

そのため美白化粧水をつけることに加えて乳液・クリームを利用することをおすすめします。

乳液やクリームを使用することで肌の表面に膜を作ることができ、美白化粧水の水分をその中に閉じ込めることで一日中肌の潤いを保つことができるのです。

乳液とクリームの使い分けですが、クリームの方が乳液と比べて含んでいる油分の量が多いので

  • 肌の油分がもともと少ない乾燥肌の方はクリーム
  • それ以外の方は乳液

を使用するようにすると良いでしょう。

化粧水と乳液を組み合わせて脇の黒ずみを解消しよう!

脇の黒ずみの原因であるメラニン色素を排出・軽減する効果を持つ成分を含む美白化粧水を使用し、それと乳液やクリームを組み合わせて使用することで脇の黒ずみを解消することができます。

このようにして脇の黒ずみを解消したらもう二度と脇が黒ずむことのないように、自分の脇毛処理方法や日頃の保湿ケアのやり方が間違っていなかったかを見直し、間違いがあった場合にはすぐに改善するようにしましょう。