脇をきれいに剃るコツとは?脇の黒ずみを避けるための脱毛処理の方法を紹介

薄着の季節がやってくる前に、脇をきれいに処理したいと考えている女性は多いと思います。

カミソリなどを使ってムダ毛を処理しているつもりでも、なぜか脇が黒ずみ、悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

脇が黒ずむのには理由があります。脇の黒ずみを避けるおすすめの方法や脇をきれいに剃るコツなどについて説明します。

清潔な脇専用のカミソリを使うことが重要

脇が黒ずんで見える最も大きな理由の1つとして、ムダ毛の剃り残しが挙げられます。

顔や足などムダ毛がある部分はいろいろありますが、その中でも脇はムダ毛が処理しにくいと感じやすい部分でしょう。

顔や足に比べて見づらいですし、肌に皺が寄りやすいのできれいに剃るのが難しいです。

そのため脇をきれいに剃るには、コツを知っておく必要があります。

脇には脇専用のカミソリで

おすすめの方法は、まず脇専用のカミソリを用意することです。

カミソリには様々な形がありますが、カミソリを使い分けていない人もいると思います。

曲線を描く脇は、一般的なカミソリで剃るのに適していないため、どうしても剃り残しができてしまいやすいのです。

カミソリと脇の間に隙間ができにくいように設計された脇専用のカミソリを使うようにしましょう。

刃のチェックも大事なポイント

脇専用のカミソリを使用しているのに脇の黒ずみが気になるという人は、カミソリの刃が古くなっていないか確認することも大切です。

脇専用カミソリを使っていても、カミソリの刃が劣化してしまうと、切れ味が悪くなり、剃り残しが増えてしまいます。

カミソリの刃は、使用するたびに切れ味が落ちていきますが、見た目では変化がわかりづらいです。

1ヶ月に1回は交換するというように決めておくと良いかもしれません。

カミソリを清潔に保つ工夫も

カミソリは使用後、必ず水で綺麗に洗うようにしましょう。

清潔なカミソリを使用した方が、黒ずみを避けやすくなります。

黒ずみの原因には、色素の沈着というものもあります。

色素の沈着は、皮膚を何度も強くこすったり、炎症を起こしたりするとなります。

肌のトラブルを避けるためにも、黒ずみを避けるためにも、清潔で切れ味の良いカミソリを使うことをおすすめします。

また、カミソリの状態だけでなく、剃り方にもコツがあります。

脇をキレイに剃るためには剃り方にもコツが

カミソリで脇を剃る際に、腕をしっかりと頭の辺りにまで上げていない人もいるかもしれません。

脇の部分の皮膚は柔らかくて皺ができやすいので、きれいに剃るためには、腕をしっかりと上げることがコツなのです。

腕を頭の辺りまで上げると、脇の皮膚がある程度張った状態になるのがわかると思います。

その状態を維持したまま剃りましょう。

皮膚がたるんだ状態で中途半端に剃った際に黒ずんで見えるのは、ムダ毛を根元から剃ることができていないためです。

ムダ毛を根元から剃ることがポイントだというと、きれいに剃るために同じ部分を何度も剃ってしまう人もいるかもしれません。

脇は見えづらい箇所ですから、後で剃り残しが見つかってもう1度剃ろうと考えることもあるでしょう。

基本的にムダ毛を処理する時は、同じ箇所を何度も剃らないようにすることが重要です。

皮膚の黒ずむ主な原因は、何度もこすることによる色素の沈着です。

色素沈着で黒ずまないように、しっかりと腕を上げて、脇専用のカミソリを使って1度で剃ることが大切です。

シェービングクリームや保湿用のクリームを使用しよう

脇をきれいに剃るには、ボディーソープや石けんではなく、シェービングクリームを使用するようにしましょう。

忙しかったり、疲れていたりした際、体を洗うついでに脱毛処理を行う人もいると思います。

確かにボディーソープなどを泡立てても剃ることは可能です。

しかし、体の汚れを落とす目的で作られているため、カミソリと一緒に使用することに適していません。

カミソリとボディーソープなどを一緒に使用すると、皮脂などまで洗い落とし、肌から潤いがなくなってしまいます。

肌荒れの原因になるので、ボディーソープや石けんではなく、必ずシェービングクリームを使用しましょう。

女性用の物もあるのでそちらを使うことをおすすめします。

剃った後は保湿をしっかり

脇毛を剃った後は、保湿用のクリームを塗ることを忘れてはなりません。

脇の皮膚は柔らかくデリケートなため、カミソリで剃ると、目に見えないほど小さなキズができたり、乾燥し過ぎたりすることがあります。

放置すると肌荒れや黒ずみの原因になることもあるので、クリームを塗って保湿し、ケアしましょう。

脇をきれいに剃ったら、毛穴の汚れまで落ちるように洗うことも大事です。

毛穴の汚れまでしっかりと落とすように洗うといっても、タオルで強く何度もこすってはいけません。

かえって黒ずむ原因になる可能性があります。

10分ほど湯船に浸かり、汚れを落としやすくしてから洗うのがコツです。

脇を黒ずみにくくするには脱毛処理の基本やコツをしっかりと押さえることが大切

脇をきれいに剃るには、まず脇用のカミソリやシェービングクリームなどの道具を用意することが大切です。

カミソリは常に清潔に保ち、切れ味が悪いと感じたらすぐに交換するのがおすすめです。

脇を剃る際はしっかりと腕を上げるのもコツです。

保湿用のクリームを使用するなどの基本をしっかりと押さえれば、脇が黒ずみにくくなり、薄着になっても露出できるようになるでしょう。