脇の汚い黒ずみは脱毛でケア可能!?埋没毛対策なら脱毛がオススメ

春から夏にかけて薄着の季節になると様々なファッションが店頭に並び始め、ワクワクするような気分になる女性が多くなります。

ですが脇の黒ずみが気になってしまい、半袖やノースリーブ、水着などの露出のあるファッションを楽しめないという悩みを抱えている女性も少なくありません。

そんな悩みは脱毛や保湿などのケアをしっかりすれば、解決するかもしれません。そこで脇の黒ずみの解決方法について解説します。

脇の黒ずみの原因や種類

脇の黒ずみを解消するためには、まず自分がどのようなタイプで、どんな原因があって黒ずんでいるのか知ることが解決への第一歩です。

原因を知っていればきちんとしたケアが出来ますし、解決の糸口にもなります。

脇に黒ずみが出来てしまう原因はいくつかあり、その中でも黒ずみの原因第一位とされているのは脇の自己処理です。

何度も行われる自己処理によって徐々に脇がダメージを受け、自分自身を守ろうとする機能が働いてメラニンを蓄積させてしまいます。

皮膚は多少のダメージを受けても28日前後でターンオーバーをして新しい皮膚に生まれ変わりますが、それを待たずに自己処理をしてしまうことでダメージを受けたままになってしまうのです。

また自己処理後にクリームなどを塗らず、アフターケアを怠っているときも黒ずみの原因となります。

皮脂や古い角質が毛穴に溜まっているときも、脇の黒ずみに繋がります。

脇汗は毛穴からたくさん分泌され、正しく脇のケアをしていないと汚れや皮脂が溜まっていきます。

さらに脇汗を抑えるための制汗剤をきちんと洗い流していないと、制汗剤が毛穴の中で酸化して黒ずんでしまうのです。

埋没した毛があることも黒ずみの原因で、脇にある毛が皮膚の中で成長してしまいます。

誤った自己処理などが原因で毛が皮膚に埋もれるようになってしまい、毛剃りや毛抜きでは取り除けない毛が黒いブツブツになって現れるのです。

埋没毛をそのままにしておくと炎症を起こしてしまうケースもあり、ニキビや毛嚢炎になってしまいます。

黒ずみの改善方法

自己処理での黒ずみにはクレンジングが便利

雑な自己処理で脇が傷付き、メラニンが蓄積されてしまっている場合は、正しい処理を心掛けるようにするのが効果的です。

カミソリでムダ毛を剃るときにお風呂に入って皮膚や毛、毛穴を柔らかくして、処理しやすい状態にします。

ボディーソープをしっかり泡立てて脇をよく洗い、清潔な状態にすることも重要です。

水分を優しく拭き取ったらボディークリームや脱毛専用のクリームなどを塗って、カミソリでゆっくり毛が生えている方向に沿って毛を剃っていきます。

剃った毛とクリームを一緒に拭き取り、乳液などでしっかり保湿をするだけです。

カミソリの刃は切れ味が良いもので、錆びている刃はトラブルの原因になるので使わないようにします。

皮脂や角質が毛穴に溜まっていて黒ずみでいるのなら、クレンジングをします。

毛穴がブツブツしていたり、黒く見えるときは皮脂や汚れをきれいに落としてくれるクレンジング剤が便利です。

クレンジング剤を手に取ったら手のひらで軽く温めて、脇に馴染ませます。

少しだけぬるま湯を足して乳化させ、クルクルと円を描くように汚れを落としていく手順です。

何度もすすぎ洗いをして、肌にクレンジング剤が残らないようにします。

最後に化粧水や乳液で保湿して完了です。しっかり汚れを落としたいときにはオイルのクレンジング剤を、敏感肌ならミルクタイプのクレンジング剤を使います。

埋没毛の処理にオススメなのは脱毛

埋没毛を処理する方法でおすすめなのが、脱毛サロンやクリニックでの本格的な脱毛です。

特にクリニックでのレーザー脱毛なら埋没毛の治療もしやすく、皮膚を傷付けずに優しく除去します。

クリニックで行われる脱毛は医療脱毛なのでレーザーの出力も高く、しっかり奥まで毛根を破壊することが出来るのです。

埋没毛によって炎症を起こしていたり、色素沈着が進んでいる場合でも医師の治療を受けながら脱毛してくれます。

また一度細胞を破壊した毛は二度と生えてこないので、半永久的にムダ毛とさよなら出来るのは大きなメリットです。

脱毛が難しい人はスクラブケアで

お金を節約したい、サロンやクリニックに通う時間がない人におすすめなのが、スクラブケアです。

スクラブは塩や種子、樹脂など細かい粒子が洗顔料などに含まれていて、皮膚の表面に溜まった角質を取り除いてくれます。

スクラブをすることで埋没毛の邪魔をしている古い角質が取り除かれ、毛が表面に出てきやすくなるのです。

スクラブには粗い粒子が配合されているものや細かい粒子が入っているものなど様々な種類がありますが、肌の弱い人は細かい粒子が使われているスクラブで優しくケアします。

肌を温めて柔らかくして、ゴシゴシと擦らないようにケアするのもポイントです。

早めの対策もポイント

脇の黒ずみは薄着になってくると気になってきますが、早めに対策をすることも大切です。

まだ露出の少ない季節からケアを始めれば、好きなファッションなども思いっきり楽しめるようになります。

まずは自分の黒ずみの原因は何なのか、どうしたら解決するのかを考えてケアに取り組むようにします。

効果が出ないとすぐに諦めずに、継続してケアをすることも大事です。