脇の黒ずみの簡単な治し方って本当はない?日々の習慣が大切!

脇の黒ずみの原因のひとつに、刺激によるメラニン色素の過剰生成と沈着があります。

ムダ毛の自己処理や衣類の擦れなどのほか、洗うときや拭くときにゴシゴシこするのも、脇にとってはかなりの刺激となるでしょう。

黒ずみを解消したいのであれば、できるだけ刺激を与えないようにしすることが大切です。

ここでは、刺激によって肌に黒ずみが起きるメカニズムや、予防、解消するための方法を見てきます。

脇はどうして黒くなる?メカニズムを解説

紫外線を浴びると、肌は黒く日焼けしますね。

これは、紫外線の刺激によって肌の内部でチロシンと呼ばれるアミノ酸がメラニンへと変質し、肌の表面へと押し上げられていくためです。

日焼けなんかしたくないと思う女性は多いでしょう。

しかし、メラニン色素が作られるそもそもの理由は、肌の保護、肌を刺激から守るためで、肌にとっては大切な働きをしているのです。

紫外線のほかにも、摩擦や炎症などの刺激が原因で、メラニン色素は次々と作られます。

通常であれば、生成されたメラニン色素はターンオーバーによって自然と剥がれ落ちていきますので、肌は白く戻るはずです。

ところが、ターンオーバーが乱れていたり、常に刺激にさらされていたりすると、ターンオーバーによる排出が間に合わすに肌にとどまってしまい、結果として沈着してしまいます。

これが、肌の黒ずみやシミが起こる原因です。

脇に刺激を与える行動にはどんなものがある?

脇が受ける刺激は、いくつかあります。

そのうちのひとつが、ムダ毛の自己処理です。

脇のムダ毛は薄着になったときに目につきやすいため、まめに処理しているという女性は多いでしょう。

しかし、自己処理をする方法がカミソリであれ毛抜きであれ、肌には大きな刺激を与えています。

たとえば、カミソリはムダ毛だけでなく肌の表面も削り、傷つけていますし、毛抜きは毛穴がひっぱられることで過剰な負担がかかっているのです。

また、黒ずみやニオイが気になって、入浴時にボディタオルでゴシゴシこすって洗っているという人もいるでしょう。

これも、脇には刺激となります。

日常的に制汗剤などを使っている場合も、薬剤が肌に刺激を与えている可能性が高いです。

ぴったりした衣服を着ていて、よくこすれるというケースもあります。

刺激を避けよう!対処法を紹介

色素沈着による黒ずみを解消したければ、意識的に刺激を減らすことが大切です。

脇毛は、自己処理をするよりも、美容クリニックや脱毛サロンで脱毛の施術を受けた方が良いでしょう。

クリニックでもサロンでも、脇のみのプランは非常に安価で設定していることが多いです。

どうしても自己処理をするというときは、電気シェーバーであればまだ肌への負担が少ないでしょう。

自己処理をしたあとは、保湿剤をたっぷり使ってしっかりケアをすることが大切です。

肌に潤いを与えることでバリアがしっかり機能するようになり、刺激に対して強くなります。

反対に、剃りっぱなしでケアをしないでいると、肌が乾燥して赤みやかゆみ炎症を起こしやすくなり、メラニン色素の生成を促す結果につながる恐れがあります。

入浴時にゴシゴシこすって洗うこともやめましょう。

洗うときスクラブなどを使っている人は、使用を控えるべきです。

力を入れて洗っても、色素沈着による黒ずみが解消されることはありません。

それどころか、より一層黒ずみを招いてしまうでしょう。

石けんやボディソープをたっぷりと泡立て、その泡で優しく洗うのがコツです。

お風呂からあがって体を拭くときも、清潔なタオルをそっと押し当てて水分をすいとるようにしましょう。

風呂上がりに保湿ケアをしておくと、なお望ましいです。

衣類による摩擦を予防するためには、あまりぴったり密着する下着や服も避けた方が良いです。

ゆったりとして通気性の良いものを選ぶようにしましょう。

ターンオーバーを整えることも大切

肌表面に押し上げられたメラニン色素は、ターンオーバーが活性化するとやがて剥がれ落ちていくことが期待できます。

ターンオーバーとは、肌の生まれ変わりの周期のことです。

肌表面はいくつもの層にわかれており、最下層でできた新しい細胞がゆっくり時間をかけて表面へ表面へと押しあげられていって生まれ変わるというサイクルを繰り返しています。

この周期は、若いうちは早いです。

たとえば、40代ともなると2カ月近くかかることがありますが、20代のうちは約28日程度で1周します。

ただし、若くても安心はできません。

なぜなら、生活習慣の乱れやホルモンバランスの崩れ、過剰なダイエット、ストレスなどが原因でターンオーバーのリズムが乱れることがあるからです。

ターンオーバーを正常化するには、生活習慣を整える必要があります。

早寝早起きを心がけ、生活に適度な運動をとりいれると良いでしょう。

刺激を避け保湿するといった外側からのケアだけでなく、内側からも整えることで、黒ずみの予防や解消につながります。

適切なケアで黒ずみのない脇に

ムダ毛のないつるつるの脇でも、肌が黒ずんでいると気になるものです。

肌の黒ずみは、メラニン色素の沈着が原因であることがよくあります。

色素が発生する主な原因は、肌への刺激です。

ムダ毛の処理方法や洗い方、衣服の選び方などに気をつけ、なるべく刺激を与えないように意識しましょう。

保湿ケアを行うことも重要です。

また、生活習慣を整えることも、肌の調子を整え、黒ずみの予防や解消をサポートします。