脇の黒ずみに食べ物でケア?食べ物や成分をご紹介

脇の黒ずみに悩んでいる女性は多いのではないでしょうか。

そんな女性におすすめなのが、食事の改善で体の内側からケアをするという方法です。

化粧品による外側からのケアとの相乗効果も期待出来ます。

どんな食べ物がどのような働きをするのかについての理解を深め、積極的なケアに努めて脇の黒ずみの悩みを解消させましょう。

脇の黒ずみはそのまま放置するとどんどん症状が悪化していきますので、早めの対策が重要な鍵となります。

食事の改善が脇の黒ずみケアに効果的な理由とは?

脇の黒ずみケアというと、ビタミンC誘導体やハイドロキノンなどの美白成分やコラーゲンやセラミドなどの保湿成分やグリチルリチン酸などの炎症を抑える成分が配合されているクリームやジェルによるケアが主流ですが、根本からの悩み解消を目指すなら食事の改善によるケアも必要です。

食事の改善が脇の黒ずみのケアに効果的な理由としては、体の内側からしっかりとアプローチすることが出来る、ケアアイテムによる外側からのアプローチとの相乗効果が狙えるなどがあります。

加齢やホルモンバランスの乱れや剃ったり抜いたりなどのムダ毛の自己処理や摩擦や紫外線や肌の乾燥や汗による菌の繁殖など、脇の黒ずみの原因は様々です。

これらの原因によりメラノサイトから生成されたメラニンが色素沈着を引き起こすと、脇の黒ずみにつながってしまうというメカニズムです。

ですので、色素沈着を引き起こしにくい健やかな肌環境に導くことが脇の黒ずみ改善への近道となります。

健やかな肌環境に導くための食事に改善させることで、根本からの黒ずみ解消が目指せます。

脇の黒ずみに効果のある成分って何?

脇の黒ずみ改善に効果のある美容成分と言えば、

  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • コエンザイムQ10
  • アスタキサンチン
  • αリポ酸など

があります。

これらの美容成分の共通点は、強力な抗酸化作用を持つということです。

抗酸化作用を持つ美容成分を積極的に摂取することで、メラノサイトから生成されたメラニンの色素沈着を抑制することが出来ます。

加齢に伴い増加する活性酸素は、脇の黒ずみの大敵となります。

活性酸素の増加は脇の黒ずみだけではなく、老化の原因にもなります。

加齢に伴い脇の黒ずみが気になり始めた場合は、活性酸素の増加も大きく影響していますので、アンチエイジングも意識しながら抗酸化作用を持つ美容成分をたっぷりと摂取する必要があります。

乾燥も脇の黒ずみの原因となります。

乾燥を改善させるために必要な美容成分は、コラーゲンやヒアルロン酸やセラミドやプラセンタやエラスチンなどです。

酸化と乾燥を防ぐことが、脇の黒ずみ改善につながるということをきちんと理解しておきましょう。

メラニン色素の抑制効果のある食べ物って?

メラニンの色素沈着の抑制効果が期待出来る食べ物としては、

  • イチゴ
  • キウイ
  • キャベツ
  • パプリカ
  • ブロッコリー
  • バナナなど

です。

これらの食べ物には抗酸化作用を持つビタミンCが豊富に含まれています。

ビタミンCが豊富に含まれる果物と言えばレモンというイメージが抱かれがちですが、レモンよりもイチゴやキウイなどの果物の方がビタミンCをたっぷりと含んでいます。

アスタキサンチンを豊富に含む食べ物と言えば、鮭です。

鮭の赤い色素がアスタキサンチンですので、紅鮭を日頃の食事メニューに積極的に取り入れましょう。

ビタミンEは、アーモンドなどのナッツ類に豊富に含まれています。おやつ代わりにナッツ類を食べれば酸化を防ぐことが出来ます。

ビタミンCやビタミンEやアスタキサンチンなどの抗酸化作用を持つ成分を複数摂取すると、相乗効果が期待出来ます。

ですので、ビタミンCやビタミンEやアスタキサンチンのみを集中に摂取するのではなく、抗酸化作用を持つ成分をバランス良く摂取するのがベストな方法です。

ターンオーバーを促す食べ物って?

メラノサイトから生成されたメラニンの色素沈着を防ぐためには、肌のターンオーバーを促進させることも大切です。

ターンオーバーが不活発になると肌細胞の再生がスムーズにいかなくなり、メラニンの色素沈着が起こりやすくなりますので、ターンオーバーを促す食べ物を積極的に食べて黒ずみに働きかけましょう。

ターンオーバーを促す食べ物としておすすめなのが、アミノ酸を多く含む

  • 大豆製品
  • 乳製品

ビタミンAを豊富に含む

  • 緑黄色野菜

ビタミンB群を豊富に含む

  • 豚肉
  • 鶏肉
  • カツオ
  • マグロ
  • 牡蠣
  • うなぎ
  • ほうれん草
  • モロヘイヤなど

です。これらの食べ物を日常の食事メニューにバランス良く取り入れてターンオーバーの乱れを防ぎましょう。

肌が乾燥すると皮膚の角質のバリア機能が衰えてターンオーバーの乱れにつながりますので、コラーゲンの合成を助けるビタミンCが含まれる果物をたくさん食べるのも効果的です。

アミノ酸とビタミンB群とビタミンCとビタミンAをバランス良く摂取することが、ターンオーバーの活性化に結びつきます。

ホルモンバランスを整える食べ物って?

卵胞ホルモンのエストロゲンが減少することによるホルモンバランスの乱れも、脇の黒ずみの原因となります。

排卵や生理や妊娠や出産や閉経などによりエストロゲンは増加したり減少したりします。

そのたびにホルモンバランスの乱れが生じ、それがメラニンの色素沈着につながりますので、ホルモンバランスの乱れを整えることも心がける必要があります。

生理前の月経前症候群や閉経前の更年期障害の症状がある女性は、ホルモンバランスが乱れている証拠ですので、積極的な対策が必須です。

ホルモンバランスの乱れを整える効果が期待出来る食べ物と言えば、大豆製品です。

大豆に含まれる大豆イソフラボンは、エストロゲンに似た働きをします。

積極的に摂取することで、エストロゲンの不足を補うことが出来ます。

納豆や豆乳や豆腐などをたくさん食べて、女性ホルモンを活性化させましょう。

ホルモンバランスの乱れが整えば肌環境も健やかに改善され、黒ずみが生じにくくなります。

美肌効果だけではなく、女性特有の不調の改善効果も期待出来ます。

食生活の見直しが黒ずみ解消につながる

食事の改善が脇の黒ずみの解消につながるということがわかったのではないでしょうか。

抗酸化作用を持つ成分やターンオーバーを促進させる作用がある成分やホルモンバランスの乱れを整える成分を積極的に食事で摂取し、メラニンの色素新着を引き起こしにくい黒ずみが生じにくい健康的な肌に導きましょう。

体の内側からしっかりと働きかけることで、化粧品による保湿ケア効果や美白ケア効果も高めることが出来ます。

まずは、自分の日頃の食生活を見直してみるということから始めてみましょう。