脇の黒ずみにピーリングジェルはどう?おさえておきたい2つのポイント

薄着の季節が近付くにつれて気になるお悩みの一つである脇の黒ずみですが、おしゃれを思いっきり楽しむためにも、しっかりとケアしておきたい場所ではないでしょうか。

黒ずみの解消方法として代表的なものに「ピーリングジェル」でのケアがありますが、実際の効果についてはどうなのでしょうか。

今回はピーリングジェルの効果や選び方について調べましたので、気になる方はぜひ参考にしてみてください。

脇の黒ずみの原因を種類別に切り分けよう

脇の黒ずみができてしまう原因にはどのようなものがあるのでしょうか。原因は大きく分けると2種類あります。

①メラニン色素の沈着

まず1つ目は、物理的刺激によるメラニン色素の沈着が原因のものです。

メラニン色素とは日差しを浴びた時に活発になる事で有名ですが、物理的な刺激を与えても肌の防御反応として働きが活発になります。

脇は脱毛する回数も多く、カミソリや毛抜き等で間違った自己処理を行ってしまうと、その刺激によって色素沈着が起こり、脇の黒ずみに繋がってしまいます。

また、脇は普段の生活から衣類等で頻繁に擦れてしまう部位でもありますし、保湿ケアをしていない場合、乾燥によってさらに物理的な刺激に敏感になってしまう場合があります。

②角質汚れ

2つ目は、毛穴の汚れや古い角質汚れが原因によるものです。脇は汗や皮脂が多く分泌される部位で、他の部位よりも毛穴が深くて広いという特徴があります。

そのため、しっかり汚れを落とせていないと毛穴に詰まった皮脂が酸化してしまい、黒ずんでしまいます。

また、脇に制汗剤を使っている方も多いと思いますが、配合されている制汗作用のある成分には、金属成分のものや粒子の細かいパウダーのものがあります。

こちらも肌への刺激になったり、毛穴に入り込んだ状態のままにしてしまうと毛穴が開いてしまう原因となりますので、注意が必要です。

脇の黒ずみの対策は種類で異なる!ピーリングジェルでアプローチできるのは?

ピーリングジェルは脇の黒ずみ対策として一般的な方法ですが、黒ずみができる原因の種類によってはアプローチできるケースとできないケースがあります。

①のメラニン色素沈着には効果なし

アプローチできないケースとしては、脇の黒ずみの原因が物理的刺激によるメラニン色素の沈着の場合が挙げられます。

こちらが原因の場合、ピーリングジェルを使用してもあまり効果が得られないかもしれません。

逆にピーリングジェルによる刺激で悪化してしまう事も考えられます。

色素沈着が原因である場合には美白成分のあるものでケアをしたり、保湿をしっかりと行ったりするのが黒ずみ対策として効果的です。

効果が期待できるのは②の角質汚れ!

ピーリングジェルでアプローチできるのは、毛穴の詰まりや古い角質汚れによるものが原因である場合です。

こちらの場合、毛穴に詰まった皮脂が酸化してしまったり、肌に古い角質が残ってしまっているのが原因で起きる黒ずみですので、ピーリングジェルの使用によって汚れを取り除いてあげる事で黒ずみの解消に効果があります。

ピーリングジェルにも色々な種類があり、スクラブ入りのものや、馴染ませるとポロポロと角質が出てくるタイプのものもあります。

また、保湿効果の高いものや美白効果が期待できる商品もあり、黒ずみの解消と同時に予防する事が可能です。ピーリングジェルは自分が欲しい効果があるものを選ぶようにしましょう。

ピーリングジェルの選び方!何を基準に選ぶべき?

では、ピーリングジェルを選ぶ際には何を基準に選ぶべきなのでしょうか。一口にピーリングジェルと言ってもいくつか種類があります。

擦って落とすピーリングジェル

1つ目は擦って落とすタイプのピーリングジェルです。

肌にジェルを優しく馴染ませていく事でポロポロと角質が出てくるものや、スクラブが肌を転がって毛穴汚れや古い角質を落としてくれるというタイプになります。

こちらのタイプは使用後すぐに手触り等で効果が分かる場合が多く、インバスタイプですっきりと洗い流せる事で人気が高いです。

しかし、刺激が他のタイプと比べて強めになりますので、肌が弱い方は避けた方が無難です。

洗い流すピーリングジェル

2つ目は塗ってから洗い流すタイプのピーリングジェルです。肌を擦る事に抵抗がある方はこちらのタイプがおすすめです。

塗った後、しばらくおいてから洗い流すだけでピーリング効果があります。

しかし、こちらのタイプも刺激が全くないわけではないので、気になる方は別のタイプを選ぶようにしましょう。

塗るだけピーリングジェル

3つ目は塗るだけでピーリングができるタイプです。洗い流す必要がなく、肌への刺激は最小限で済みます。肌が弱い方にもおすすめのタイプです。

ただし、他のタイプよりもピーリング効果は劣りますので、高い効果を求める方は1つ目や2つ目の方法を試してみるといいかもしれません。

また、ピーリング以外の効果が期待できる成分を配合している商品もあります。

先ほどご紹介した美白効果や保湿効果もその中の1つです。ピーリングジェルを選ぶ際にはそういった点も吟味して選ぶのがおすすめです。

ピーリングジェルを使ったケアの方法

ここからはピーリングジェルを使ったケアの方法を紹介します。

ピーリング前準備

まず基本的な使い方として、ピーリングジェルは洗った後の清潔な肌に使用します。

その際、肌が濡れているとジェルの効果が薄れてしまうため、しっかりと水分を拭き取ってから塗布します。

使用するジェルの量が少ないと逆効果になってしまいますので、使用前に適量を確認しておく事が重要です。

スクラブ入りのものやマッサージ等をする場合、力を入れ過ぎてしまうと肌を傷つけてしまいますので、優しく肌に馴染ませるようにします。

その後、ぬるま湯でしっかりと洗い流して終了です。

ピーリング後のケアも大事

脇の黒ずみ解消にはピーリング後のケアも大切になります。

ピーリングをした後はバリア機能が低下している状態になっているため、そのままにしておくと黒ずみだけでなく、乾燥肌やシミ、シワの原因にもなります。

必ず保湿をするようにしましょう。

また、ピーリングジェルを使用する際には、必ず使用部位に肌荒れやニキビがないかを確認する必要があります。

肌が荒れている状態で使用してしまうと、さらに悪化する原因になってしまいますので、その場合は使用を控えるようにしましょう。

ピーリングジェルは頻繁に使いすぎても肌にはあまりよくありません。商品にもよりますが、ピーリングを行うのは1週間に1回程度にするのがおすすめです。

ピーリングジェルで綺麗な脇を手に入れよう!

ピーリングジェルには様々な種類があり、使い方や得られる効果にも違いがありますので、自分の肌やライフスタイルに合ったものを選んでケアをしていきましょう。

また、身近なお店で手に入る買いやすさと、自宅で気軽にケアができるところも大きな魅力です。

脇の黒ずみでお悩みの方は、一度ピーリングジェルを試してみてはいかがでしょうか。